NASCAR2016第8戦ブリストル

まず驚いたのが巨大な空中モニター。

「必要あるのかよ」とも思いますが見た目は圧巻です。

新しい国立競技場も聖火台が無いとの事なので、真似をすればいいと思います。

折角の新アイテム投入でしたが、お客の入りは寂しかったです。

空席が目立つのではなく、お客が目立つレベル。

それでも5~6万人は入っているのでしょうけど寂しい限りです。

レースの内容は十分だと思いますが、レギュラーシーズンのルールやオーバータイムはとっとと改善すべきでしょう。

 

レースはタイヤの持ちがポイントとなりました。

最初の50周程度でカイルのタイヤが破裂。

その後も各車色々とトラブルが起きます。

そんな中ポールメナードが2タイヤでポジションを上げるという事をやっていましたが、イマイチ結果が残りません。

マシンは速かったジョー・ギブスも色々とトラブルが出ます。

解説にもあった通り、ナットの本数が少ない影響なら困ったものです。

策に溺れただけだと言えます。

レースが残り僅かのスプリント勝負以外は5本ナットでいくべきでしょう。

 

そんな中、トラブルが出なかったエドワーズの完勝に終わります。

ベインやエリオットの活躍が目立ちました。

アルメンディンガーもジョンソンをガチで怒らせる活躍を見せます。

観客がもう少し多ければ良かったのですが、返す返す残念です。