NASCAR2016第9戦リッチモンド

このレースからトニー・スチュワートが復帰。

正直フル参戦でもチェイスに行けない状態が続いているので厳しいですが、夏のデイトナあたりで一発狙ってほしいものです。

レース中、トニーの車のメーターのカスタマイズの話が出ていました。

確かにハンドルが大きいので見えにくい部分があると思います。

カスタマイズ出来るなら液晶のメーターの方がいいですね。

 

解説を聞いて初めて知りましたが、マウンテンデューって現地だとエナジードリンク扱いという事に驚きました。

日本だとメタボ御用達飲み物で、カフェインとかそういうイメージはありません。

そんなマウンテンデューが3台体制で挑みましたが、唯一ヘンドリックでノーマウンテンデューだったジョンソンの方が速かったです。

 

レースはタイヤの状態がよく、ライン取りが多く取れるようになりました。

フラットのショートオーバルだと珍しいです。

もちろんそれがいいわけではありません。

ショートトラックはマーティンズビルのように、ラインが一個の方が盛り上がるのです。

ブリストルも多ライン仕様に変えたことがありますが、直ぐに戻しました。

 

優勝争いはジョーギブスとスチュワートハースによる戦いとなります。

カートブッシュが勝つかと思いましたが、最後のピットで大きく順位を落とします。

変わってトップに立ったのは弟のカイルです。

ナット4本のショートランセッティングで勝ちパターンに持ち込みます。

 

しかし、カイルはファイナルラップで力尽きました。

最後は容赦無いエドワーズの当て逃げがありましたが、チームメイトであっても当然の行為です。

カイルはファイナルラップの1コーナーで失速したわけですから、あの入られ方は仕方ありません。

しかし、カイルは完全に怒ってました。

この2人も随分昔に遺恨はありましたが、どうなるでしょう。