NASCAR2016第15戦ブルックリン

また新しい空力パッケージを導入した今回のミシガン。

このトラックはレスダウンフォースにしても仕方ないはずなので、どういう意図があったのか解りませんでした。

パッケージを変えた結果、フロントグリルにゴミが付きやすくなるという謎結果に困惑です。

レースの序盤、ケセロウスキーはガス欠をやらかすもトゥレックスJRのスピンによるイエローに助けられます。

ピットオープンになる前に給油しているように見えますが、ペナが出ておらず10位リスタートでした。

ルールが変わったのでしょうか、謎です。

 

今回は久々にトニースチュワートが速かったですが、レスダウンフォースだと「ダート上がりが有利」という説が本当なら今後楽しみです。

 

レースはほぼロガーノとエリオットの争いとなります。

結局リスタートを決めた車がクリーンエアーの優位性で先頭を走り続けるという、いつも見た光景でした。

空力が変わっても何も変わっていません。

 

 

終始リスタートからの加速勝負を制したロガーノが優勝となります。

ギア比の影響なのでしょうか、ここまで各車の加速力が違っていたレースは記憶がありません。

ジョーギブスはリスタートの出足だけ明らかに遅かったのが気になりました。

ギア比はレース中に変えれないので、それが勝敗を左右し過ぎるのはあまり望ましく無いはず。

 

NASCARは色々手探りでレギュレーションをいじっていますが、イマイチ結果が残っていません。

とりあえずもう一戦別のトラックで様子を見るそうなので、見守りたいと思います。