NASCAR2016第18戦ケンタッキー

ペースカーがピックアップトラックでしたが、NASCARマシンと比べるとかなり大きい事に驚きました。

 

今回のケンタッキーは路面を改修し、レスダウンフォースの仕様でのレースとなります。

特にターン3~4が難しくなっていて、トラブルが多発しました。

また、車が真後ろに付いた影響が大きいようで、バランスを崩す車がとても多かったです。

いつもと違った感覚のレースで、これはこれでいいと思います。

ケンタッキーは1.5マイルとは言え、他のトラックとは大きく違いますので、他のトラックではどう出るでしょうか。

 

レースは最後燃費レースとなります。

ピットウインドの予測が64~67周で残り69周からのリスタートなら、燃費セーブ走行をすれば余裕です。

しかし、実際はそんなに簡単な状況ではありませんでした。

というのも最後のピットはほぼ全車2タイヤ交換です。

燃料は1缶しか入っていません。

その前のピットを巻き戻して見返すと、全車4タイヤです。

その後はイエローが何度か出たものの、約50周走っています。

 

という事で燃費計算は非常に難しいものでした。

最後まで持つかどうか誰も解らない状況だったはずです。

結局は最後まで走る事を選択したケセロウスキーが押し切ります。

ケンゼスが入った時点で後ろと7秒差が付きましたので、そこで大きく失速して燃費を稼ぎました。

ただ、正直あそこまで後ろに近寄られると無理矢理インにねじ込まれる可能性があります。

エドワーズが勝っていてもおかしくなかったはずです。

 

それと優勝争いをみすみす逃したのがトゥレックスJRです。

最後のピットで完全なスピード違反をして最後尾に下がりましたが、その時にフルサービスをしています。

燃料的にもタイヤ的にも他の車より有利でしたが、ピットに入ってしまいました。

最後まで行く戦術を取っていれば、更に際どい勝負になっていたと思います。