NASCAR2016第19戦ロードン

気がつけば長いシーズンも折り返しです。

今回はアーンハートJRさんがまさかの欠場となります。

脳震盪だそうで、今回が初めてではありません。

近年のアメリカだと脳震盪は
重大な怪我として扱われますが、
チェイスへの当落線上なだけに痛いです。

解説の福山さんがおっしゃる通り、近年大きなクラッシュに数多く巻き込まれたケインあたりも後遺症があるのかもしれません。

ゆっくり休んで治して欲しいと思います。

 

JRが欠場したからかお客さんの入りが寂しいロードンでしたが、レース内容も寂しいものになりました。

ジョー・ギブス勢が上位をキープして代わり映えの無い展開です。

 

ただ、ファイナルピットストップを終えた当たりから騒がしくなりました。

次々とトラブルが起こり、気がつけばジョー・ギブス勢はケンゼスだけとなります。

 

代わりに上がってきたのはトニースチュワートでした。

ソノマでの走りは兎も角、オーバルでも上位に顔をだすのは驚きです。

この勢いは本物なのでしょうか。

しかし、ロガーノの処理に手間取り2着まででした。

無難なピット戦術で立ちまわったケンゼスが押し切ります。

正直もう一回イエローが入ってトニー対ケンゼスが見たかったですが、仕方ありません。

 

チェイス争いもJRさんが当落線上に急降下して混沌としてきました。

ワトキンスグレンもありますし、まだまだ見えてきません。

どうなってしまうのでしょうか。