NASCAR2016第28戦ロードン

解説者への質問コーナーでありましたが、来年はタラデガとカンザスが入れ替わるとの事。

何だその改悪は・・・もうアホかと。

その並びだとカンザスが消化試合になる可能性が高いわけです。

タラデガは区切りのレースにあるから、その前2つレースでの優勝の価値が高くなります。

NASCARはどんどんツマンナイ方向に改悪していますね。

運営が無能に変わったのでしょうか。

それでも他のカテゴリーと比べれば面白いですが、世界的にモータースポーツ自体がオワコンになってしまう可能性も高いです。

レースはトヨタ勢が上位を独占する形で進みました。

イエローも出ずに淡々と周回遅れを量産していきます。

途中ダニカが頑張っていた以外は大した見どころも無く、気がつけばレース終盤へ。

ケンゼスが勝つかと思いきや、最後にハービックが差し切る展開となりました。

チェイス前は若手が頑張っていましたが、チェイスが始まって流石にチャンピオン候補が本気を出してきた印象です。

このラウンドは無難にゴールすればいいですからアグレッシブな攻防も無いのでちょっと退屈でした。

あと気になったのはゴールした後にラグナットチェックを審判がしていた件です。

抜き打ちのチェックはどんどんすればいいと思いますが、ハービックがしょっぴかれた場合どうなるのでしょう。

普通はアンダーイエローのピットアウト時に検問すべきだと思いますが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です