NASCAR2016第32戦タラデガ

レース前にJRさんがインタビューされていましたが、グラサンかけると誰だか解らなくなってしまいますね・・・。

来シーズンは元気な姿を見せて欲しいです。

 

序盤は想定通りジョー・ギブスの3台は後方待機策を取ります。

ただ、一方でハムリンは単独で戦う事となり、自力でポイントを稼がないといけません。

ピットも単独で入ってました。

これなら序盤は後方待機策でも良かった気もします。

 

ケセロウスキーが引っ張りリードラップ関係のポイントを回収する展開で、ロガーノも上がってきました。

ただ、ペンスケで1.2してもどちらかが次に行けない可能性があるので難しいレースです。

 

優勝が必要なエリオットも上位を狙っていますが、ルーキーをサポートする車は少ないので苦戦します。

ただ、ハービックが上位を走っていました。

ハービックは既に次への進出を決めていますが、エリオットを勝たせれば、ケセロウスキー・ロガーノ・ハムリンなどを葬むる事が可能です。

それはジョンソンにも言える事なので、エリオットをどうサポートするかがポイントになります。

 

最初に脱落したのはエンジントラブルを起こしたトゥレックスJRでした。

レース終盤ではケセロウスキーもゴミでエンジンブローとなります。

ゴミが付いた時は悪いことにシングルファイルでした。

後ろに下がるリスクが大きかったので動けません。

ライアンブレイニーをアシストで使ってゴミを取れるのなら、早めにやっておいた方が良かったです。

 

レース終盤になってもジョーギブスの3台は確定せず、後方から動けませんでした。

本当はケセロウスキーがクラッシュした段階でディロンを囲んでしまって「逝くときは一緒」走法をやれば実質確定だったのですが、そういった発想は無かったようです。

ハムリンが危うい状況でしたし、ディロンの動きによってはエドワーズも危なかったので早めに動いても良かったと思います。

 

先頭はロガーノでシングルファイルのレースを作りますが、後ろがハービックですし、外された時の事を考えると間違った戦術です。

そうこうしている内にケセロウスキーと同様にゴミが付いてしまいました。

ケインがクラッシュしてイエローが出たのはラッキーだったと思います。

最後のリスタートは2列目に「インのハービック」と「アウトのハムリン」の2択となり、ロガーノとすればどちらも後門の狼状態で嫌だったわけですが、ハービックを選びました。

ハービックは何をしてもいい状況なので、ロガーノを後ろから押さなかったり、わざと外れるという選択も出来ます。

一方でハムリンはリスタート直後だけはロガーノに協力しないとディロンやられる危険性がありました。

そのためハムリンを選んだ方が期待値的に正解なような気もしますが、ハムリンとの方がより闇が深そうなのでハービックを選択したのだと思います。

結局の所、ハムリンはスタートをミスしてしまい選択は吉と出ました。

そこからは何の波乱もなく終了です。

 

ハムリンも何とか自力で滑り込んで、ジョー・ギブスの4台がトップ8に進みました。

ここを通過するとハムリンが得意なトラックが続くので、一躍チャンピオン争いに殴り込みと言っていいでしょう。

 

次のマーティンズビルも毎年波乱が起きるので注目です。