NASCAR第2戦アトランタ

デイトナでは書かなかったルール変更について一言。

大きなのはステージ中間ポイントの登場です。

中間ポイントの設定位置が悪いと思います。

無難な所にセグメントの区切りを持ってきたので、レース内容は特に変わることはないはずです。

自転車競技のスプリント部門みたいに全く別のモノにすれば面白かったと思います。

選手権ポイントと同列に扱うなら、最初のポイントをスタート後10周目に設定していれば、予選から激しい闘いになるはずです。

 

そして問題は「ボーナスポイント大きすぎる」事だと思います。

プレイオフのボーナスポイントはホームステッド手前まで持ち越しというルールはいいですが、今年のシステムだとおそらく上と下とで40ポイント~50ポイント差が付くはずです。

これだと16台プレイオフに進ませる意味がありません。

プレイオフの区切りのレースは消化試合になる可能性が高いと思います。

シーズン中の消化試合感を無くしたいのは解りますが、それならボーナスポイントはもっと少なくても大丈夫です。

本当はちょっと前までやっていたようにポイントトップ10+ワイルドカード2台の方が消化試合になる可能性が低くなるので盛り上がります。

プレイオフも「12台で3台づつ落としていって、ホームステッドは補正なしのポイントリーダー1台加える」といった2種類の勝ち上がり条件を設定しておくと、色々な可能性が生まれて面白くなるのですが、そういった発想は無いようです。

 

レースはハービックが終始引っ張る展開となります。

やはり空力を変えてもダーティエアーの影響はあるようで、単調なレースになりやすい印象です。

ハービックがそのまま勝って何も見どころがないレースかと思ったら、ピットロードのスピード違反で脱落しました。

今回はねずみ取りに捕まるマシンが多かったわけですから、センサーの不良も想定してもう少し慎重に行くべきだったと思います。

その後ラーソンが先頭に立って、そのまま押し切るかと思いきや、ケセロウスキーの差し切りです。

ペンスケとガナッシとのマシン差は大きいので仕方ないでしょう。

 

チェイスエリオットは相変わらずリスタートが遅かったのですが、何が悪いのでしょうね。

ドライバーの腕でそんなに変わるとは思えませんが・・・。