NASCAR2017第4戦フェニックス

1マイルフラットのフェニックスに来てもペンスキーの速さが目立ちました。

今シーズンのルールだと他チームは悠長に構えているわけにはいきません。

そんな中、エリオットやラーソンなど若手が序盤から頑張っていたのが良かったと思います。

やがてペンスキーの2台はピットロードスピード違反で後方に下がり、2人のマッチレースとなります。

 

ただそこに待ったをかけたのが、カイル・ブッシュでした。

いつものようにリスタートで突き放し、そのまま勝利かと思いましたが、ロガーノにまた嫌がらせされます。

ロガーノに悪気は無かったはずですが、クラッシュしてイエローが出て、残り2周のスプリント勝負です。

これにはカイルもご立腹でしょう。

ロガーノは解説の石見さんがおっしゃっていたように、生え際が年々後退しています。

歳を取ればジダンみたいな髪型みたいにすればいいと思いますが、今は増毛で凌ぐしかありません。

カイルもロガーノをぶん殴るよりも、毛をむしった方がダメージを与えられると思います。

 

最後はオーバータイムでの攻防になりました。

1マイルのフラットオーバルだとオーバータイムのルールを考えれば、ステイアウトの期待値は高いはずですが、近年はタイヤの差が大きく「何でもかんでも4タイヤ交換が正解」という風潮があったので、ニューマンがそこを上手く突いた感じです。

ラーソンはステンハウスにぶつけられ、運が無かったように思います。

インタビューにもあったように、ラーソンは以前フェニックスのファイナルラップの最終コーナーでニューマンにやられた事をやり返していれば勝てていました。

まあそういう事をするとロガーノ化して、生え際も後退するので自粛したのかもしれません。